日常風景のなかで

日々の生活のなかで思ったことをつらつらと調べながら書きつづります

【資料】冥王代

冥王代について

心の所在地

言語化―概念化と対象の問題

【試論】詩人とは何か

物質主義、二元論、一元論――詩人

【試論】多元的な解釈によって認識するということ

まとまっていませんが

【覚書】『社会を説明する――批判的実在論による社会科学論』

4人のスウェーデン人による著作 機会があればまとめたいですが、とりあえず、目次だけ。 社会を説明する―批判的実在論による社会科学論 作者: バースダナーマーク,リセロッテセコブセン,ジャン・Ch.カールソン,マッツエクストローム,Berth Danermark,Jan Ch.…

【試論】国際社会における発言権

国際社会に対して日本が貢献できることというのは非常に多いと思います。特に経済面や科学技術面での国際社会への貢献は目覚ましいものがあると思います。しかしながらそうであるにも関わらず、日本の国際社会における発言権は非常に小さなものであると思い…

【試論】期待していることについて

「事実は理論依存的であるが、しかし理論決定的ではないのである。」 ――B・ダナーマーク、M、エクストローム、L・ヤコブセン、J・カールソン『社会を説明する――批判的実在論による社会科学論』 社会を説明する―批判的実在論による社会科学論 作者: バー…

【試論】自生性と設計性

言語活動の基盤

【試論】共感と公平性

共感と公平性について

【試論】ヒトというブラックボックスへのアプローチ

試論です。

【編集】自然的な妥当性の二重基準

【試論】自然的な妥当性の二重基準

【試論】自然的な妥当性の二重基準

現代を考える

【用語】マキャベリ的知性仮説

マキアヴェリズムの位置づけに関して

【試論】公的な活動と私的な活動、集団的な活動と個人的な活動

試論です。

【資料】自己図式

自己図式(セルフ・スキーマ)について

【資料】記憶①

ここでは記憶についての考えをまとめていきたいと思います。

【試論】人間らしい人間

ここでは人間らしさについて考察していきたいと思います。

【資料】防衛機制①

ここでは防衛機制についての考えをまとめたいと思います。

【試論】難解な論理を遊び楽しむ

ここでは論理との向き合い方について考察していきたいと思います。

【試論】言葉への追随と言葉による拘束

ここでは言葉の性質について考察していきたいと思います。

【試論】思考のメソッドから捉える思想の分類法

ここでは言葉の枠組みの問題について考察していきたいと思います。

【試論】C・S・パースの記号論とその隣接諸科学

ここではC・S・パースの記号論について考察していきたいと思います。

【試論】名辞なき想像の諸領域

ここでは想像することについて考察していきたいと思います。

【試論】テールからヘッドへ

ここでは現実世界に現れる数字の傾向性について考察したいと思います。

【資料】功利主義の一般的解釈

ここでは功利主義についての考えをまとめたいと思います。

【試論】全体主義における評価関数

ここでは全体主義と評価関数について考察していきたいと思います。

【資料】評価関数の応用的解釈

ここでは評価関数について考察していきたいと思います。

【試論】考え方の同一性と差異性

ここでは思考の同一性と差異性について考察していきたいと思います。

【資料】70億のブラックボックス

ここでは実在の顕在性と潜在性について考察していきたいと思います。

【資料】フィードバックと記号

ここではフィードバックと記号についての考えをまとめたいと思います。

【資料】法理論と日常言語学派

ここでは法理論と日常言語についての考えをまとめていきたいと思います。

【資料】行動心理学――用語集①

ここでは行動心理学についてまとめたいと思います。

【資料】白亜紀

www.youtube.com ここでは中生代最後の時代、白亜紀についての資料をまとめたいと思います。 白亜紀 - Wikipedia 白亜紀(はくあき、白堊紀、Cretaceous period)とは、地球の地質時代の一つで、約1億4500万年前から6600万年前を指す。この時代は,ジュラ紀…

【資料】三畳紀とジュラ紀

www.youtube.com カンブリア紀に始まりペルム紀で終わりを告げた原生代から、時代は中生代へと移ります。ここでは三畳紀とジュラ紀についてまとめたいと思います。 三畳紀 - Wikipedia 三畳紀(さんじょうき、Triassic period)は、現在から約2億5100万年前…

【資料】ペルム紀

www.youtube.com カンブリア紀、オルドビス紀、シルル紀、デボン紀、石炭紀と続く古生代はペルム紀を持って一区切りを告げます。 ペルム紀 - Wikipedia ペルム紀(ペルムき、Permian period)は、今から約2億9,900万年前から約2億5,100万年前までを指す地質…

【資料】デボン紀と石炭紀

www.youtube.com 細かい考察は後に回すとして、概要だけでもまとめたいと思います。 デボン紀 - Wikipedia デボン紀(デボンき、Devonian period)は、地質時代の区分のひとつである。古生代の中ごろ、シルル紀の後、石炭紀の前で、約4億1600万年前から約3億…

【資料】オルドビス紀とシルル紀

www.youtube.com 現時点でオルドビス紀とシルル紀の詳細を知るための資料が手元にありません。ここでは骨組みだけを作りたいと思います。 オルドビス紀 - Wikipedia オルドビス紀(オルドビスき、Ordovician period)とは地質時代、古生代前期における区分で…

【資料】カンブリア紀

www.youtube.com ここでは、カンブリア紀について幾つかの資料をまとめたいと思います。 カンブリア紀 - Wikipedia カンブリア紀(カンブリアき、寒武紀、英: Cambrian period)は地質時代、古生代前期における区分の一つで、約5億4200万年前から約4億8830万…

社会科学や自然科学を論じるときに問題になる言語と論理

日常言語に潜む論理的な幾つかの問題 www.youtube.com 簡単な一つの単語を思い浮かべてみましょう。私にはあなたがどんな単語を思い浮かべたのか想像することができません。 ここで私が問題とするテーマを共有するために、話を簡潔に進めるために、私が主導…

自由主義の行方

自由主義の行方 私は様々な政治思想の中では、自由主義に同情的です。イギリスで発達した自由主義の伝統の中には、成熟した態度が幾つも見て取れるからです。 しかし自由主義は反面として社会主義ともよく結びつきます。私たちが自由主義を批判する時、それ…

未熟な防衛機制と成熟した防衛機制

前置き 精神分析の用語に防衛機制という言葉があります。 防衛機制には、投射、退行、抑圧、同一化、合理化など、決してよい意味では用いられていないものが多く見られると思います。 まず、このことについて何故防衛機制があまりよくない意味で使用されるこ…

WIN ギャラップ・インターナショナルの調査結果の詳細なデータとその考察

「国のため戦う」日本最低 パキスタンや越が高率 【ジュネーブ共同】各国の世論調査機関が加盟する「WIN―ギャラップ・インターナショナル」(本部スイス・チューリヒ)は18日、「自国のために戦う意思」があるかどうかについて、64カ国・地域で実施し…

文学的表現と感じるということ

私は文学的センスというものを残念ながら持ち合わせていない。というよりも、陳述された記号体系に目を奪われ、耳を奪われているために、目に見えているもの、耳に聞こえてくるもの、実際に、身体で感じているもの、そういったものに深く入り込めていないた…

【下書き】自然および自然権について

nature noun 1 [MASS NOUN] The phenomena of the physical world collectively, including plants, animals, the landscape, and other features and products of the earth, as opposed to humans or human creations: 1.1The physical force regarded as …

【試論】状況について

まとめ方がよく解りません。 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 状況について 「状況」という概念を論じる理由 ここで主題とするのは「状況」という概念についてです。「状況」という言葉の意味を辞書などで調べるとその意味が掲載されていると思います。実…

試論のための企画

宗教と科学の狭間――錯綜する言語と論理 【資料】 ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』 論理哲学論考 (光文社古典新訳文庫) 作者: ルートヴィヒヴィトゲンシュタイン,丘沢静也 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/01/09 メディア: 文庫 この商品を含むブ…

連結と類似

かつて少しだけ言語学者ローマン・ヤコブソンの著作を読んだことがあるが、あまり深く意味を読み取れずに終わってしまったという苦い経験がある。機会があればまた読んでみたい。 言語学者ヤコブソンがある二つの類型を示していたというのは初めて知ったが、…

【覚書】状況論

①状況とは何か 「状況」という概念を論じる理由 ここで主題とするのは「状況」という概念についてです。 「状況」という言葉の意味を辞書で調べるとその意味が掲載されています。 実際にweb上で大辞林(三省堂)を調べると以下のような意味が掲載されていま…

イツァーク・ギルボア

Itzhak Gilboa - Wikipedia, the free encyclopedia ―――――――――――――――――――――――――――――――― 1963年テルアビブ生まれ。経済学者。意思決定理論の第一人者で、不確実性下の意思決定に関する新しいパラダイム「事例ベース意思決定理論」の提唱者。HEC経営大学院…

オルテガ・イ・ガセット

ホセ・オルテガ・イ・ガセット - Wikipedia José Ortega y Gasset - Wikipedia, the free encyclopedia ―――――――――――――――――――――――――――――――― 大衆の反逆 (ちくま学芸文庫) 作者: オルテガ・イガセット,Ortega y Gasset,神吉敬三 出版社/メーカー: 筑摩書房 発…